今と昔の就職に関しての問題

現在の就職に対しての考え方

現在の就職問題の特徴

現在の日本の就職問題は、就職氷河期とは違った問題があります。
ハローワークへ行くと、割と求人の量はあり、仕事のないようにこだわらないのであれば、就職先に困る必要はありません。

しかし、採用してもらえる最低条件が厳しくなったと言われています。
確実に安定した職業に就きたい場合は、大学卒業が絶対条件です。
バブル時代に人気のなかった職業である、公務員は今では一番人気があり、仕事が安定しているから生活に困ることがないという理由で、仕事内容は二の次の人が多いようです。

バブル時代は仕事が選べるだけあることから、自分がしたい仕事をするまでのつなぎの仕事が沢山あったため、今の生活よりもこれからの自分の仕事が優先で、焦る必要がなかったため将来の夢への情熱が大きい若者だらけでした。

今の売り手企業の特徴

現在の就職に対しての特徴として、売り手企業ではありますが、昔の売り手企業とは内容が違っていることです。

昔の売り手企業はほとんどの企業の景気が良く、正社員雇用でなくても高い給料がもらえて、自分がなりたい職業に就くことができたので特にアルバイト雇用でも問題なく生活ができました。

しかし、現在の企業は自分のやりたい仕事があったとしても、その一つの仕事で生活が安定するかというと、不可能に近い程厳しい給料形態の企業が多いのです。
今の日本の就職先はそこそこあるものの、昔とはお金に余裕がないのが現実です。
だからこそ、安定した職業がとても人気なのです。
今の若者はとても現実的な考え方で将来を考えているのかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る