今と昔の就職に関しての問題

就職氷河期の苦しい実態

就職氷河期の苦しい実態

就職氷河期世代というのは、失われた世代、貧乏くじ世代と言われたほど就職についての問題はとても大きいものでした。
とにかく就職先がない仕事をしたくてもできない時代とも言っていいほどでした。

この頃によく耳にした言葉と言えばニートやフリーターでした。
それだけではなく大人のひきこもりが増え、1日中家にいる生活をしている若者がたくさんいたようです 。

会社で働いてたとしても正社員雇用ではなくアルバイトやフリーターのような存在の雇用契約で就職せざるを得ない若者がいっぱいいました。
しかしこの時は就職先があるだけで、ありがたく思わないといけないほど就職問題は深刻でした。
今と比べると相当大変な就職難の時期だったことは間違いありません。

正社員よりお互い楽な非正規雇用

就職氷河期の就職問題はとても長く続きましたが、問題が多く発生していました。
就職口があれば皆が集中的に面接を受け、本来そこの会社に本当に働きたいと真剣な思いで正社員雇用として面接に臨む人よりも、とりあえず就職先を決めて自分がしたい本当の仕事の為に勉強期間として生活の為に面接に来た人が多く採用される現象が多くありました。

理由として正社員雇用ではなく、アルバイトと同じような扱いの非正規雇用契約社員を希望してきているため、会社としては負担が正社員に比べて少なく、有利的だという事です。

会社側も必要なくなったら正社員よりも簡単に解雇できますし、採用された側も、自分のしたい仕事がうまくいけば、簡単にやめられることから、成り立っていました。


この記事をシェアする
TOPへ戻る