今と昔の就職に関しての問題

就職氷河期と現在の就職問題を知る

買い手企業とは

買い手企業とは、バブル崩壊後就職氷河期に突入した時に、就職口が少なく買い手、要は採用する側が選べるだけ人が面接に来た時期のことを言います。

いくら良い学校を卒業していたとしても、アルバイトで生計を立てるフリーターや、就職先が見つからず何も仕事をしないで家にいるニートと呼ばれる人が増えていきました。

バブル崩壊というのは、しばらくの間若者たちの就職事情を苦しめることになります。
そのバブル崩壊直後を就職氷河期といい、ちょうどその時に学校を卒業して社会へ出て行った世代のことを就職氷河期世代と言います。
要するにバブル崩壊から始まり、就職氷河期を経て、ゆとり世代となっていくのですが、就職氷河期を経験した人だからこそもつ踏ん張りどころが、今の日本を支えてるのかもしれません。

売り手企業とは

今現在の就職問題に対しては、あまり問題視していない人が多いでしょう。
就職氷河期から比べると確かに買い手企業から売り手企業になりつつあるのは事実です。
売り手企業とは活動している若者が仕事を選べるまで求人が増えたということです。
しかしただの売り手ではなく、確実に必要なもの、それは学歴です。
高校卒業後仕事を探そうと思ってもなかなか求人の数が少ないのです。

大学卒だとしても就職活動に苦戦をしている学生はたくさんいます。
その中でなかなか企業はイメージがあるぶん、高卒者を採用することはなかなかしなくなったのです。

就職するには大卒が最低条件という企業がほとんどです。
確かに就職先はあるかもしれませんが、学歴を重視されるのが今の日本の就職するための条件なのかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る